Bibliopoly

アートカタログ ショッピングカート ショッピングカート アマゾン ツイッター
ジークレーアートのビブリオポリ

エドゥアール・マネ

美術界に革命を起こしたマネ

エドゥアール・マネについて

エドゥアール・マネ(Edouard Manet、1832-1883)は、19世紀のフランスの画家です。
パリの裕福な家庭に生まれ、父はマネが法律家となることを希望していましたが、伯父の影響もあって絵画に興味を持ち、やがて芸術家の道を歩みました。
理想化された主題や造形を追求するアカデミズム絵画とは一線を画し、近代パリの都市生活を、はっきりした輪郭や平面的な色使いで明快に描き出す表現法にマネ独自の特徴が認められます。

マネは400点余りの油彩画を残しました。
マネは、保守的なブルジョワであり、サロンでの成功を切望していましたが、『草上の昼食』や『オランピア』は意図せずスキャンダルを呼び、美術界の革命を起こすこととなりました。
主題の面では、娼婦の存在や、近代社会における人間同士の冷ややかな関係をありのまま描き出したことが革新的であり、非難の的ともなりました。造形の面では、陰影による肉付けや遠近法といった伝統的な約束事にとらわれない描写法を生み出しました。

ビブリオポリ-ドガ-人物画

印象派の画家たちから敬愛され、彼らに大きな影響を与えた一方、マネ自身が後輩の印象派から影響を受けました。
マネには印象主義的な要素の濃い作品もありますが、印象派グループ展には参加していないことから、印象派には含めず、印象派の指導者あるいは先駆者として位置付けられるのが一般的です。
後輩の印象派の画家達と同様、マネも平面的な彩色やモティーフを切り取る構図などに日本の浮世絵からの影響を受けていると考えられます。

マネのアートカタログ

ビブリオアートカタログ

アート販売