Bibliopoly

アートカタログ ショッピングカート ショッピングカート アマゾン ツイッター
ジークレーアートのビブリオポリ

エドガー・ドガ

多くの踊り子たちやバレエの主題とした作品を数多く描いたフランスの画家、エドガー・ドガ

エドガー・ドガについて

エドガー・ドガ(Edgar Degas、1834-1917)は、フランスの印象派の画家、彫刻家です。
1834年、フランス革命後に勢力を伸ばした新興ブルジョワの家に生まれました。
1855年、エコール・デ・ボザール(官立美術学校)で、アングル派の画家ルイ・ラモートに師事しました。
ドガは通常印象派の画家の一員とみなされていますが、ドガの制作の基盤はあくまでもルネサンスの巨匠や、熱烈に信奉したアングルの画風にありました。

エドガー・ドガの作品について

ビブリオポリ-ドガ-踊り子

ドガの作品には室内風景を描いたものが多く、その関心の対象は徹底して都会生活とその中の人間でした。
特にバレエの踊り子と浴女を題材にした作品が多く、彼女らの一瞬見せた何気ない動作を永遠化する素描力は秀逸とされています。
印象派の多くの画家たちとくらべれば、銀行家の息子であり裕福な家庭の出身であったドガは、バレエを好み、オペラ座の会員になっていたことから、特に楽屋や練習風景、舞台袖といった一般人では出入りできない場所での場面を数多く描くことができました。
当時、踊り子たちはオペラ座の「小さなネズミ」と呼ばれていましたが、彼女らの舞台裏をありのままに描きました。
ドガの描いたバレエの主題の多くはそこで見た風景にあります。
ドガも他の印象派の画家たちと同様、浮世絵、特に葛飾北斎の影響を強く受けていることが指摘されており、ジャポニスム研究の発端となりました。

ドガのアートカタログ

ビブリオアートカタログ

アート販売