Bibliopoly

アートカタログ ショッピングカート ショッピングカート アマゾン ツイッター
ジークレーアートのビブリオポリ

P.ブリューゲル(子)

バベルの塔で知られる天才画家ブリューゲルの長男

ピーテル・ブリューゲル(子)とその作品について

ビブリオポリ-ブリューゲル

ピーテル・ブリューゲル (子)(Pieter Brueghel(Brueghel) de Jonge、1564/1565-1636)は、ブラバント公国(現在のベルギー)の画家であり、父親のピーテル・ブリューゲルの作品を数多く模写したことで知られています。
1636年10月10日、72歳で亡くなっていることがわかっているので、1564年から1565年にかけて生まれたものと推定されます。

ビブリオポリ-ブリューゲル

ピーテル・ブリューゲル(子)は、傑作「バベルの塔」で知られる天才画家、ピーテル・ブリューゲルの長男として生まれました。
彼が5歳の時に父親を亡くし、また1578年には母親も亡くしました。
ピーテルは弟のヤンと姉妹のマリアと共に、祖母 Mayken Verhulst(夫は同じく画家のピーテル・ファン・アルスト)に引き取られ、画家であった祖母は、二人の孫に絵を描くことを教えたものと考えられています。
彼は、後にアントワープに移住し、更に風景画家のギリス・ファン・コーニンクスローに弟子入りしたとも言われます。
風景画、宗教画の他、幻想的な作品を残しており、晩年の作品には火やグロテスクな登場人物がしばしば描かれたため、「地獄のブリューゲル」とも呼ばれています。

P.ブリューゲル(子)のアートカタログ

アート販売